ジョマろぐ!

ディズニーYouTuberジョマジのブログです!

【ジブリパーク】変わらず22年秋開業予定‼️


スポンサードリンク

スタジオジブリ作品の世界観を再現したテーマパーク「ジブリパーク」が、愛知県に出来ます‼️

コロナの影響もあるかと思いますが、愛知県は2月3日に2021年度整備内容を発表しました。

f:id:joejoemagic:20210205192146p:image

テーマエリアは計5エリアですが、2022年秋に「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3つのエリアを先行開業。

2023年に「もののけの里」「魔女の谷」の2つのエリアの開業を目指すとのこと。

 

f:id:joejoemagic:20210205193724p:image

青春の丘エリア

『耳をすませば』に登場する「地球屋」や「ロータリー広場」、『猫の恩返し』に登場する「猫の事務所」を設置。

f:id:joejoemagic:20210205192824p:image

既存のエレベーター棟を改修し、『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』で描かれる19世紀末の空想科学的要素を取り入れた内外装にする。

 

f:id:joejoemagic:20210205193820p:image

ジブリの大倉庫エリア

ジブリの大倉庫エリアは、「倉庫」らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の建築空間をイメージしながら、常設展示室、企画展示室、映像展示室、遊び場、売店と喫茶、収蔵施設等を整備。

f:id:joejoemagic:20210205194114j:image

展示室は、常設展示室と企画展示室、約170席を設ける映像展示室の3つによって、ジブリ作品の世界を存分に堪能できるよう整備。

f:id:joejoemagic:20210205194219p:image

千と千尋の神隠しに登場する不思議の街をイメージした空間も誕生する。

f:id:joejoemagic:20210205195336j:image

ロボット兵のいる廃墟のイメージ

f:id:joejoemagic:20210205195420j:image

アリエッティの目線を楽しめる空間

 

f:id:joejoemagic:20210205194556p:image

どんどこ森エリア

既存の「サツキとメイの家」に加えて、映画『となりのトトロ』の昭和の田園景観をイメージ。

 

f:id:joejoemagic:20210205195632j:image

もののけの里エリア

映画『もののけ姫』に登場するエミシの村とタタラ場をモチーフにした、和風の里山的風景を整備する。

f:id:joejoemagic:20210205194417p:image

園内には、体験学習施設となる「タタラ場」や「炭焼き小屋」、休憩処などを設ける。

f:id:joejoemagic:20210205194303p:image

タタリ神や乙事主をモチーフにしたオブジェの設置も計画している。

 

f:id:joejoemagic:20210205195656j:image

魔女の谷エリア

映画『魔女の宅急便』『ハウルの動く城』などの北ヨーロッパ風の空間をイメージ。

f:id:joejoemagic:20210205194835p:image

「オキノ邸」と庭園、「ハウルの城」と荒地、レストラン棟などを整備。

f:id:joejoemagic:20210205194943p:image

2月3日にハウルの城のイメージ画が公開されました。

 

ジブリ好きにはたまらないテーマパークになりそうですね!

今の所5つのテーマエリアのみですが、広さは日本のテーマパークの中でもトップの広さになる予定です。

更にエリアが出来そうな予感がしますね!

東京ディズニーラン 51ha
東京ディズニーシー 49ha
ユニバーサルスタジオジャパ 47ha
ハウステンボス 152ha
愛・地球博記念公園 194ha